2011/01/05

流行

発表されてたので、やってみた。

iTunesの2010年年間売り上げランキングの中に、自分の持ってる音源はどれだけあるか。

1位:「Butterfly」木村カエラ
2位:「タマシイレボリューション」Superfly
3位:「ポニーテールとシュシュ」AKB48
4位:「ずっと好きだった」斉藤 和義
5位:「ヘビーローテーション」AKB48
6位:「涙」FUNKY MONKEY BABYS
7位:「また君に恋してる」坂本冬美
8位:「Ring a Ding Dong」木村カエラ
9位:「春夏秋冬」ヒルクライム
10位:「もっと強く」EXILE
11位:「Telephone」Lady GaGa & Beyoncé
12位:「Sunshine Girl」moumoon
13位:「あとひとつ」FUNKY MONKEY BABYS
14位:「ミスター」KARA
15位:「Wildflower」Superfly
16位:「Poker Face」Lady GaGa
17位:「大切」FUNKY MONKEY BABYS
18位:「ヒーロー」FUNKY MONKEY BABYS
19位:「TiK ToK」Ke$ha
20位:「California Gurls (feat. Snoop Dogg)」Katy Perry
21位:「まなざし」Honey L Days
22位:「タカラモノ〜この声がなくなるまで〜」ナオト・インティライミ
23位:「366日」HY
24位:「ねぇ」DREAMS COME TRUE
25位:「We Are the World 25 for Haiti」Artists for Haiti
26位:「ルーズリーフ」ヒルクライム
27位:「1001のバイオリン」THE BLUE HEARTS
28位:「VICTORY」EXILE
29位:「GENIE」少女時代
30位:「Gee」少女時代
31位:「Bad Romance」Lady GaGa
32位:「素直になれなくて」菅原紗由理
33位:「愛をこめて花束を」Superfly
34位:「オワリはじまり」かりゆし58
35位:「小さな恋のうた」MONGOL800
36位:「大丈夫」ヒルクライム
37位:「サクラサク」北乃きい
38位:「ハナミズキ」一青 窈
39位:「アルクアラウンド」サカナクション
40位:「Beginner」AKB48
41位:「みんな空の下」絢香
42位:「魔法の料理 〜君から君へ〜」BUMP OF CHICKEN
43位:「GO! GO! MANIAC」放課後ティータイム
44位:「ふたつの唇」EXILE
45位:「TSUBOMI feat.九州男」lecca
46位:「桜」FUNKY MONKEY BABYS
47位:「キセキ」GReeeeN
48位:「いつの日も」阿部真央
49位:「会いたかった (アイドリング!!! バージョン)」AKBアイドリング!!!
50位:「Lollipop」倖田來未
51位:「アイ」秦 基博
52位:「Break It」安室奈美恵
53位:「ガチ桜」湘南乃風
54位:「Utauyo!!MIRACLE」放課後ティータイム
55位:「イチブトゼンブ」B'z
56位:「純恋歌」湘南乃風
57位:「Roll Over the Rainbow」Superfly
58位:「Hello,Again〜昔からある場所〜」My Little Lover
59位:「残酷な天使のテーゼ」高橋洋子
60位:「SAKURA」MONKEY MAJIK
61位:「Love the Way You Lie」Eminem & Rihanna
62位:「好きで、好きで、好きで。」倖田來未
63位:「RIVER」AKB48
64位:「BRAVE HEART feat. 西野カナ」NERDHEAD
65位:「I Wish For You」EXILE
66位:「SCAR」RIP SLYME
67位:「NO, Thank You!」放課後ティータイム
68位:「Empire State of Mind (feat. Alicia Keys)」Jay-Z
69位:「大声ダイヤモンド」AKB48
70位:「ハイビスカス」MINMI
71位:「何度でも」DREAMS COME TRUE
72位:「トイレの神様」植村花菜
73位:「Hymne a l'amour 〜愛のアンセム〜」宇多田ヒカル
74位:「アイデンティティ」サカナクション
75位:「能動的三分間」東京事変
76位:「only my railgun」fripSide
77位:「天体観測」BUMP OF CHICKEN
78位:「Listen!!」放課後ティータイム
79位:「I Gotta Feeling」The Black Eyed Peas
80位:「You Belong With Me」Taylor Swift
81位:「マニフェスト」RADWIMPS
82位:「Baby」Justin Bieber & Ludacris
83位:「ストレイト」トータス松本
84位:「Just Dance」Lady GaGa & Colby O'Donis
85位:「逢いたくていま」MISIA
86位:「いつまでも変わらぬ愛を」コブクロ
87位:「Misery」Maroon 5
88位:「LAYLA」コブクロ
89位:「Share The World」東方神起
90位:「Story」AI
91位:「FAKE feat. 安室奈美恵」AI
92位:「Party In the U.S.A」マイリー・サイラス
93位:「遥か」GReeeeN
94位:「睡蓮花」湘南乃風
95位:「Someday」EXILE
96位:「桜の栞」AKB48
97位:「One day」The ROOTLESS
98位:「Way to Love」唐沢美帆
99位:「歌うたいのバラッド」斉藤和義
100位:「ウェイヴィン・フラッグ コカ・コーラ(R)・セレブレイション・ミックス 〜世界に一つの旗 with AI」ケイナーン with AI

赤文字ね。10曲?まー普通って感じか。
AKB多いなーやっぱ。ジャ○ーズは配信されてないからランキングに入らないので、
なんかまだ比較的ホッとするラインナップになってる。
斉藤和義とか上位にきてるあたりホッとする。
どーせ○ャニーズ配信されたら上位にどっさり入ってくるんでしょうよ。
あの組織は本当にすごい。
もーどれがいいのかわかんなくなってくるよねジャニー○だらけランキング。
posted by ケンツ at 19:29 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/12/22

What do you want to do

今年のlast.fmまとめ、します。
今年も家とか職場とか移動中に聴いてた曲をどんどんカウントしていってくれてたlast.fm
はてさてどんなチャートができあがってたのか?

[2010年アルバム再生回数TOP20]

01. Capsule - PLAYER (2010/03/03)
やっぱ1位なのか。そーなのか。

この曲が最高なのです。そろそろ次の作品を聴きたいところ。



02. 東京事変 - スポーツ(2010/02/24)
今作の事変はうまいことツボついてくれました。全体的に好きな曲多かった。

疾走感かっこよす。



03. Sawa - Welcome To Sa-World(2010/07/07)
前も行ったけど、今年一番のポップスアルバム。再生回数では3位だけど、1位w

ミラーボールがシンボルだけあってキラキラ。



04. 浜渦正志 - Final Fantasy XIII Original Soundtrack(2010/01/27)
ゲーム自体は…だったけど、浜渦氏の曲の素晴らしさに衝撃を受けサントラよく聴いてたら4位かよ。

ティザーサイトの時流れてたこの曲から浜渦マジックにかかってしまったよ。美しすぎる。



05. 安室奈美恵 - PAST<FUTURE(2009/12/16)
去年の年末リリース。上半期までよく聴いてた。

CMやってたときからこの曲が好きだなー。



06. 椎名林檎 - 三文ゴシップ(2009/06/24)
これは去年の作品。けっこうずるずると聴いてたんだなw

これとかミュージカル音楽っぽい。オーケストラ従えてやってる林檎が結構好きだ。



07. Saori@destiny - WORLD WILD 2010(2010/04/14)
結構クセのあるのが揃った変態チックな作品やったけど結局よく聴いてた。

やっぱこれ最高すぎる。



08. LIL - LIPS IN LUSH(2010/03/03)
capsuleと同発でイマイチぱっとしないも、何気にちょいちょい流してたLIL。

この曲がノリノリで好きです。



09. 三浦大知 - Who's The Man(2009/09/16)
和製のR&Bで男性ボーカルって好きなのいねーなーと思ってたけど、彼の最近の作品聴いて「ええやん!」と。
リリースは去年やったけど、今年見つけた意外な逸材。アムロちゃんの後輩でもあり同じプロデューサーが手がけてたりする。




10. FPM - FPM(2009/12/23)
FPM先生。相変わらずおしゃれでした。

これとか滝川クリステル思い出す。CMで初聴きが多いからタレントとか商品がまず頭に浮かぶわ彼の曲は。



11. MEG - MAVERICK(2010/06/23)
中田氏が作るMEGのバラードはどれも秀逸。この作品も然り。

この曲ほんとノスタルジーで良い。



12. Crystal Kay - BEST of CRYSTAL KAY(2009/09/02)
ティーンエイジ感溢れるあのポップで切ない何ともいえない世界観を改めて楽しめたベスト。
映像的にも楽曲的にも最高にティーンなのはやっぱこれだよな。

この時のクリにしか出せないこの絶妙な世界観が本当に好きだったなあ。



13. Perfume - 不自然なガール/ナチュラルに恋して(2010/04/14)
一応シングルも1作品としてアルバムチャートにカウントされるけど、ここでランクイン。
タイトルで対比させてたり、実はそれぞれの歌詞にちょっとしたリンクがあったり。
そのへんのギミックがキラリと光りつつ、ナチュラルの雰囲気とかはまた新しい一面だったかなと。




14. 鷺巣詩郎 - ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック(2009/07/08)
Blu-rayが今年出たからね。また聴いてたね。
やっぱりカレカノで使われてた曲は素晴らしいね。破でも使われて当然だったと思うよ。

好きなのはこれかなー。ちなみにカレカノ版オリジナルは『暗中模索』というタイトル。



15. 坂本真綾 - everywhere(2010/03/31)
15周年記念ベスト。実はこれよりもニコパチの収録曲の方が好きだ。

ベタですが、管野×真綾はマストです。ほかのもいいけど、やっぱ敵わない。
この果てしなく美しくそして重厚な旋律を聴くがいい。



16. 土岐麻子 - 乱反射ガール(2010/05/26)
あ、これも今年のポップスアルバムではかなり名作。好きだ。

80年代の資生堂化粧品のキャッチコピーみたいなコンセプトのタイトルとかジャケが良いのだ。



17. J.A.M - Just Another Mind(2010/05/19)
これ、完全に仕事中の作業用BGMでしたね。結構聴いてたんやなwランクインするとは。
SOIL&PIMPSESSIONSからのスピンオフバンド。おしゃれカッコイイジャズ。




18. she - Orion(2009/9/16)
昨年から引き続き聴いてたshe。そろそろ新作出してほしいよー。
かれこれ1年以上なんも動きなしっすか。まーポーランドの人やしね。

クソかっこいいこの曲はもはや、墓まで道連れコース。



19. Janet Jackson - The Best(2009/11/18)
洋楽がこのあたりでランクイン。ジャネットのベストでした。

このへんのジャネットが一番好きやったなあ



20.マクロスF(フロンティア)VOCAL COLLECTION 娘たま♀(2008/12/03)
そしてここにアニメのサントラが。今年の再放送ですっかりマクロスFにハマった影響。
管野サウンドの引き出しの多さに改めて感心。

ランカのねこ日記が実はめちゃ切なくてええ曲。好きや。



なんか今年、サントラ多くね?
収録曲多い分カウントで稼いでるという可能性も高いですが、確かによく聴いてたかも。
サントラ寄りな1年、ってことにしとこうか。
posted by ケンツ at 15:01 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/15

NightBus

◇只今へヴィロテ中、SAWAの初フルアルバムの感想。

今まで5枚ものミニアルバム出してて、フルアルバムは一体いつなのかと思い出したのが去年の暮れ。
ミニアルバムも大体が捨て曲ほぼ無し、いいクリエイターさんとやってるんで安心して聴ける。
最近ガッカリWORKSが多かった☆Takuも、SAWAの『Swimming Dancing』は上手くハマった。見事。
ということで期待を大いに込めて聴いたけど、裏切られなかったのこれが。素晴らしい完成度。
ケンツ的には2010年上半期(?)一番のポップアルバム。


1. Opening Ceremony 〜Sa-Worldへようこそ〜
イントロ含め、随所にスキットを入れてる構成がなんともm-floライク。
でもこういうアルバムがコンセプチャルですげー好きなの。

2. MerryGoRound
サビの抜ける感じが心地よい。王道ハウスで頭から持っていかれた。

3. Stars
で、これよ。SAWAの伸びる声がすごい活かされてるよねこれ。
ギターとエレクトロの音の融合。

4. NightBus
このアルバムの中で一番好き。クールな疾走ハウスで体がうずく。
SAWAの曲ってサビの広がりがたまらない。
ここで聴けます
Youtubeとかに音源なかったので、Amazonの試聴ページから。全曲試聴可。

5. Chocolate Zone 〜野生のSAWA〜
このスキットで次の曲がすごい活き活きしたと思う。
不思議な名言が生まれた瞬間。

6. Throw him away!

一転してギターポップ。歌詞含め何とも可愛い曲に。
前のスキットのおかげで非常に印象に残る曲にもなってる。

7. ManyColors
デビュー曲。あー好きだなやっぱこれ。
聴いてると児玉さんのビデオが頭に浮かぶ。ミラーボーリング。


8. I'm a President
ポップで明るいさようならソングって結構好き。
この曲は後半そんな感じで笑顔で泣きながら歌ってるのをイメージする。

9. Danger Zone 〜逃げろ!危うしSa-World!〜
そんなこんなで世界ともおさらば。前の曲と次の曲を上手くつなげてる。

10. Swimming Dancing
そしてショッキングなイントロで始まるこの曲。「あわわわ…!」系のワクワク感たまらん。
ビデオも非常に個性的。

11. Friday Night
R&Bライクな仕上り。このあたりでちょっと落ち着く。

12. Planet-T
イントロあたりがダサいかも…とちょっと敬遠しつつも聴いてるとサビでやられた。
ビュイーン音が宇宙飛行してる感じで気持ちいいね。好きになってしまった。

13. Eat It All 〜Live in Sa-World〜
ライブステージ。そろそろSa-Worldでの楽しみも架橋な感じがほんのり

14. I Can Fly
メジャーデビュー曲。王道SAWAポップ。

15. あいにいくよ
王道SAWAポップ2連続。こっちもほんわり。
この曲は前も紹介してるけどビデオのSAWAがかわいすぎるぞ。


16. Dream about...
トリはSAWA作曲作詞のミディアムバラードだけど、
ほかの曲と比べるとやっぱりまだ発展途上かなあ。ちょっとつまらないかも。あったかいけどね。

17. Thank you for visiting 〜My name is...〜
ラストもほんわり締めくくって、トリップして終了。
いやーいい現実逃避できました。


ほんと良いので聴いてほしいなと。
気になってオリコンのランキング見たら週間ランキングの50位にも入ってない。
なんでー。世間の認知度の低さに改めて気付く。
しかもソニーだからiTsでも配信されないしなー。ちゃんと利益として入ってきてるのか不安ww
アルバムバカ売れ中の西○カナよりも全然いいけどなー。(あくまで個人の感想)
posted by ケンツ at 13:22 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/07/06

GRAY

久々にブログの記事も更新せねば。

◇ということでMEGのアルバムを拝聴。

iTSの試聴で新境地を垣間見た感じがしたんだけど、
実際フルで聴くと、前作までとは明らかに違うなと確信。

『BEAM』の時とかはCDの帯とかに“エレクトロビーム”なんてアオリがあったり
エレクトロポップのレールで走ってきた彼女もここへ来てシフトチェンジ。

去年出したコンセプトアルバム『JOURNEY』のテイストを引き継いだ、
音数少なめで少しメロウなポップに仕上がってるなという印象。

冒頭の『N07B』から度肝。

なんだこの美しいピアノの旋律。たった15秒だけど秀逸。
何この意味不明なタイトル?って思ってたらこれAmadana携帯の着信音で配信してたやつで、
その機種番号なのね。
『DESTINATION』は典型的なMEGっぽさ全開ポップ。
『HANABI』が一番好きかも。ノスタルジー。

メロウな旋律最高。
今回って透明感のある音を中田氏よく使ってるような気がする。
今回はMEGの歌声が声として届いてるような、そんな印象も受けた。

なんかね、聞き込んでいかないと馴染みにくいのもあったりするのも事実だけど、
まあMEG含め中田氏のこれからがどうなるか、見届けるきっかけの1枚やね。


◇大沢伸一のアルバムも拝聴

まー非常に好き嫌い分かれそうな出来。
結構突き抜けたなーと。
これ実際フロアで聴いて良さを体で感じるんだろうけど
いかんせん家だとそこまで体に伝わってこない。
ので今のところ様子見な感じというかww
あと、1曲1曲単体で聴くより、初回版についてたMIXCDの方が良かったぞ。
その点でもイベントでまず聴くべきなんだろうなあ。

これは好き。
『BBG BBB』



中田氏といい大沢さんといいフロアミュージックもエレクトロから離れ過渡期を迎えている模様。
次はなにが来るんだろうな。
posted by ケンツ at 10:45 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/05/19

SUPERSTAR

◇土岐麻子の新作がかなりの良作の予感

5月26日発売『乱反射ガール』

結構いい面子揃えてます。
川口大輔、さかいゆう、事変の伊澤さん、直太朗とかとか。
まー面子どうこうよりもHPで全曲試聴できて聴いてみたら全部良い感じなわけで!
ここで聴ける。
これはゲットせねばなと。

タイトル曲の『乱反射ガール』はフルコーラスYoutubeで見れる。

ビデオは乱反射感満載。
川口大輔っぽさがいい感じで土岐ボイスと合っているね。グッジョブ。


全然関係ないけど、
Youtubeの埋め込みの大きさがHD画角だと最低でも横560ピクセルがスタンダードになってきとるので、
今のうちのブログの記事の幅でははみ出るわけよ。
ということで横幅広げました。プチリニューアル。
トップのFLASHもその幅に合わせて作り直したという手間。めんどくさかった。
posted by ケンツ at 16:38 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/05/13

Youth,Speed,Trouble,Cigarettes

なんかTwitterのおかげで見事にほぼ毎日更新みたいになってるけど、
ふつうの記事はいたって週1くらいのペース。
なんだかな。

◇最近の音楽

Ghetto Bass 2

エレクトロ界の巨匠、HerveのMIXCD第2弾を購入。
前作はブリブリなベースがきいたフィジェットで、ラストまでアッパーぶっ通し。
たまらんかったのでお気に入りになってもうたんだけど、今回もかなり良いのだ。

頭のPassion Pitからもうスイッチ入ってしまう。
お気に入りはこのあたり。

Kill Light - The Sound

一番気に入ったのこれ。

Voodoo Chilli - Check Out Our Groove

Herveの別名のVoodoo Chilliはディスコネタ使った曲多いね。これまたファンキーで良いのですよ。

Cassius - Youth, Speed, Trouble, Cigarettes (Reset! 'Trouble' Remix)

フレンチエレクトロの老舗CASSIUSの最近の曲も。原曲よりこっちの方がいいじゃん。

みたいなね。いいなーHerveいいなー。


◇SAWAのアルバムがついに出る!

『Welcome to Sa-World』

01 Opening Ceremony 〜Sa-Worldへようこそ〜
02 MerryGoRound
03 Stars
04 NightBus
05 Chocolate Zone 〜野生のSAWA〜
06 ManyColors
07 I'm a president
08 Throw him away!
09 Danger Zone 〜逃げろ!危うしSa-World!〜
10 Swimming Dancing
11 Planet-T
12 Friday Night
13 Eat It All 〜Live in Sa-World〜
14 I Can Fly
15 あいにいくよ
16 Dream about...
17 Thank you for visiting 〜My name is...〜

インディーズからトータル5枚のミニアルバムを経て、ついにフルアルバム。
今までの各作品のリード曲のみ(5曲)収録。
インタールードとか(5曲)抜いたら7曲は新しいのか。いいね。
構成も初期のm-floのアルバムみたいなインタールード使いだとすげー楽しいからうれしいんだけども。
なんにしてもこれは聴かねばね。でもってライブとかあったらこれは行ってみたい。
可愛い顔拝みたい。邪。
posted by ケンツ at 16:05 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/04/26

Demanda

◇最近の音楽
Rasmus faber『So Far 3』

久しぶりのラスマス作品。前作持ってるしさらっと店で試聴したらよさそうだったのでゲット。

これが良かった。
『Demanda』

『Ever After』を彷彿させるキャッチーなラテンハウス。これぞラスマス。
前半何曲かはよかったけど、後半つまらない。
1作目が一番好きだったなあ。

っていうか!こんなの見つけた。
こんな作品出してたのねww

ラスマス・フェイバー・プレゼンツ・プラチナ・ジャズ 〜アニメ・スタンダード Vol.1〜


「Ever After」「Are You Ready」の大ヒットで00年代のハウス・シーンをリードしてきたラスマスが、自らのルーツであるアニメ音楽とジャズを華麗にマリアージュ!

トラックリスト↓
1. ハレ晴レユカイ(「涼宮ハルヒの憂鬱」より)
2. ハッピー☆マテリアル(「魔法先生ネギま!」より)  
3. Genesis of Aquarion (「創聖のアクエリオン」より) 
4. 星間飛行(「マクロスFrontier」より)   
5. 水の証(「機動戦士ガンダムSEED」より)
6. コスモスに君と(「伝説巨神イデオン」より)  
7. 君をのせて(「天空の城ラピュタ」より)
8. そらのむこう(「ひぐらしのなく頃に解」より)
9. 時の記憶(「僕の地球を守って」より)
10. Thanatos - If I Can't Be Yours - (「新世紀エヴァンゲリオン」より)
11. オネアミスの翼(「オネアミスの翼」より)
12. 光の天使(「幻魔大戦」より)
13. リンゴの森の子猫たち(「スプーンおばさん」より)
14. 炎のたからもの(「ルパン三世カリオストロの城」より)
15. ガーネット(「時をかける少女」より)
16. DOLL(「ガンスリンガー・ガール」より)
17. 空へ…(「ロミオの青い空」より)
18. VOICES(「マクロスプラス」より)

えええー。よくあるジャズカバーコンピっぽいけど。
あのラスマスがプロデュースって時点ですげえななんかww。
コレ全部ラスマスによってオシャレジャズアレンジに。比較的最近のアニメ多いね。
なんだかなーラスマスさん。軸はブレずにいてもらいたい。
ラテンハウス畑で頑張ってもらいたい。
posted by ケンツ at 16:55 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/04/22

あいにいくよ

◇SAWAのシングルを拝聴

『あいにいくよ』

王道キラキラポップ。でも結構好き。
『COLORS』でハマって『Time&Space』で安定して『I can fly』でちょっとガッカリして。
で『SWIMMING DANCING』は、最近ガッカリ作品が多めの☆タクプロデュースやから
期待せず聴いたら、これが意外とハマってもうて。
☆タクの音とSAWAのクセあるボーカルが絶妙にマッチ。
甘めで鼻にかかっててあのほわーっと伸びていく声。なんかツボってきた。

で今回のシングル。見事にポップに返り咲き。でも春めいてて良い!



クリップのSAWAはどれもかわいいんだこれが!
抜群に可愛い!とかじゃないんだけどね、ふとした表情とか仕草とかが良い。
そのあたりに探せばいそうなキャッチーさ(褒め言葉)
キュンキュンしながら見てまうね。

ちなみに過去の曲から好きなクリップ。
『Many Colors』


『STARS』


ということでSAWAにどんどんハマっていっとる自分に気づいたのでした。
ケンツはSAWAを応援します。
posted by ケンツ at 10:46 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/04/16

I can't

◇ヱヴァ破のパッケージ版プロモーションムービー公開

「EVA2.0」は本編108分、
パッケージ版の「EVA2.22」は111分49秒。

3分49秒の増加で、追加シーンがあるとのこと。
その追加シーン含む映像が惜しげもなくあらわに。

今回のムービーは核心シーンのオンパレード。
編集もセンスあるー。
冒頭の長いタイトルバックの黒みからシンジ君の覚醒はちょっと鳥肌。


先日からtwitterでもつぶやいてたヱヴァ破の第三新東京市上映イベント。
行きたかったけども断念。
でも気づけばもうリリースまで1ヶ月ちょいなんだなー血沸く血沸く。


◇Saori@destiny『WORLD WILD 2010』聴いた。

サイケなジャケット。
前のミニアルバム『WOW WOR TECHNO』が良作。
エレクトロ異端児と名乗ってるだけあって、挑戦的で斬新な曲が目立つんだけど、
これまたガッカリさせないところで狙ってくるから素敵。

今回も前作以上。ちょっと置いてきぼりにされそうなくらい前衛的な印象すら感じた。
まーぶっ飛んでる感じ。歌詞とかギョッっとするww

全体的には統一感はなく1曲1曲が単体である印象。
アルバムとしてみたなら前の方が好きだったかな。でも1曲1曲は良いよ。

『I can't』

今作ではこれが一番好き。メロの展開とかサビ終わりの「嫌いになれたらいいな」のとこたまらん。

『シンパ』

これもちょっと今までとは違う路線。おとなしめ。
posted by ケンツ at 14:36 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/04/15

マメシバ

本格的につぶやき始めたらめっきりブログが毎日更新しているような形になって
こーいう記事がどんどん下へ流れていくという事態。
これはこれで困った。
3日分くらいをまとめてアップできるようになればいいのに。


つーことで最近の音楽
◇坂本真綾のベストを拝聴

『everywhere』
坂本さん自身が厳選した曲で構成されてるので、
わしのようなライトなリスナーにはあーこういうのが好きだったんだなーというのが初めて分かる。

ほぼ全曲菅野神作品。

1曲目のI.D.はこのアルバムで初めてちゃんと聴いたけどいい曲だね。

『マメシバ』はどこまでも真っ直ぐなひたむきさが眩しい。
坂本さんの中で一番好きな曲。2曲目だったからなんとなく嬉しい。

ひたすら走るビデオも好き。

一倉宏さん作詞の『うちゅうひこうしのうた』も秀逸。

カテゴライズするなら童謡になるんだろうけどまさに菅野よう子サウンド。
奥行きのあるゆるやかなピアノの世界。更に一倉さんの言葉の世界観が相まって素晴らしい。
まるで子どもが考えるような想像の世界が一つ一つのことばに溢れ出てるというか。これまた名曲。


他にも全部で30曲。ちょっと多いなとすら感じてしまったww
一番売れた『トライアングラー』入ってなかったね。でもちゃんと厳選したんだなーいうのが分かるよね。
でもあれかなー、『シングルコレクション+ニコパチ』の方が好きかもなー。何曲かカブってるけど。
posted by ケンツ at 11:58 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/04/09

station to stars

登録だけしてたtwitterをいよいよ使い始める事態。
すいませんもう時代の流れに乗っとかないと振り落とされるw

ブログと連携してその日のつぶやきをまとめて記事にしてアップされるように。
というわけでエセではあるが大体毎日更新と相成りました。

まーイマイチtwitterじゃないとね!っていうメリットが見出せないけど今のところ。
どーでもいいことしか書けないやん。あーしたこーしたとかぐらいのレベル。
それこそ本当備忘録で使うといいのだろうね。


◇A journey to freedom聴いた。

前作までの流れを継いだ、相変わらずの独特な世界観。
ワシから言わせれば、この人はミスター・ノスタルジー。
でも今回は更にブレイクビーツ・ドラムンベースに寄ったBPM高めの細かいビート、全体的によりグルーヴィーになってた。

ビート刻む音はズンシャカエッジ利いてるけど、それ以外はかわいらしい、あったかい音で構成。
『耳をすませば』の野見サウンドを彷彿させる音もちらほら。そのあたりは相変わらずのデデサウンド。
そして何より展開がメロディアス。
どこか郷愁感漂うのはなんでだろう。ほんと不思議だ。

なんか今までと違う!と思った曲がこれ
『station to stars』

どこって言われるとまだわからんけど、なんか今までと違う一面を見れたような気がする1曲。


DE DE MOUSE 3rd album「A journey to freedom」spot movie

DE DE MOUSE | MySpaceミュージックビデオ

『A journey to freedom』のCM。
ぎゃー!!吉田明彦キャラが歌ってるー動いてるー!!素晴らしい。
PVもあるの?アニメーションなの??
posted by ケンツ at 15:07 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/03/30

刻限

3月ももうすぐ終わり。ということは今年度ももうすぐ終わり。
早えなー。
そういや3月27日でうちのぽん酢(猫)が生誕6ヶ月に。これまた早えなー。
成長しました。といってもまだ仔猫って感じやけどね。
そろそろ去勢させなきゃ。


◇まさかのダブルAサイド。

ということで対比させたタイトル。

『不自然なガール/ナチュラルに恋して』


不自然なタイトルだなー。と感じさせてるあたりも計算か。
曲のテイストも対比させてアッパーで無機質でとげとげしいのがええなー。

ジャケットがかっこいー。横の人たちがJUMPERを彷彿。


◇DE DE MOUSEの次回作、かなり期待です。

4月7日発売 DE DE MOUSE『A journey to freedom』


ジャケットが今までの切り絵風から大きくシフトチェンジ。
FFタクティクスとかでお馴染み吉田明彦さんのイラストー!!
なるほどそうきたか。

曲がエスニックな雰囲気だけど、ビジュアルでそのイメージからも少し脱却。
西洋風なテイストが入ってるよね。

オフィシャルで何曲か聴けるけど、かなり良さげ。
あれやね、試聴する限りボイスサンプリングは相変わらずのエスニックボーカル。
でもわくわくするサウンドには間違いない。全体通して聴いてみたいね。
posted by ケンツ at 17:41 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/03/05

Player

◇『PLAYER』をプレイ。


ついにリリース。最初と最後に既出曲、真ん中がどっさり新曲。
はてさてどんな出来か、やっぱりかなりの期待で拝聴。

01.Stay with You
POPSだな。もうあんまりcapsuleに求めてないかも。
キャッチーだし普通にいい感じに仕上がってるけど特別感は何もない。

02. Player
男のボイスサンプリング使った挑戦的な曲。フロアで盛り上がりそー。
それだけでウズウズ。フィジェットやねこれ。

03. I wish You
こしこの声艶やか。加工されつつも生々しい声で歌われてる。
R&Bなアプローチ。中盤からのふんわり感良いね。

04. The Music

これ!ここ何年かの作品の中で群を抜いて好き。ものすごカッコイイ。
まさに次のcapsuleに期待していた音楽だわ。capsuleじゃないとできなくない?こーいうの。
このどこへ向かうかわからんような展開たまらん。でもあくまでメロディアスなのがcapsule。
最初これが『Player』じゃねーの?と思った。

05. Factory
こちらはピアノでアクセント利かせたHOUSE寄りな曲。
yumaっぽいなと。ボーカルの使い方も似てる気がする。

06. I was Wrong
どぶりと深ーい海の中にもぐらされた様なメロウナンバー。
ピアノの旋律美しい。坂本隆一かあんた。
ここでも声ネタ使いが中田流。

07. Can I Have A Word
こしこの歌モノPOPS。いいんだけどね。良質なんだけどね。
でもやっぱりcapsuleにはもっと挑戦的な曲に惹かれるのよ。

08. What do you want to do
ずんたかたったーずんたかたったーリズムたまらん。
今回ボイスサンプリングとかラップとかフィジェットだな。
なんか今回さしてエレクトロっぽくない感じがいいのかもしれん。

09. Hello
蓋を開ければブリッジ的な感じやったねこれ。
臨機応変に尺調整できるタイプの曲やとは思うけど潔く2分以内に収めたのは良かったと思う。
あれ以上どんどん音足されたりしてたら好きじゃなくなってたかも。

10. Love or Lies
歌モノPOPS。今作の歌モノの中ではやっぱこれかな。
声ネタの使い方が小気味良いね。


総評としては、良いよ!期待して聴いたけど裏切られなかったよ。
それが心配だったから安心した。というか『The Music』良すぎた。
フロアで聴きたい曲多かった。ということで名村のリリパは行ってきます。
posted by ケンツ at 17:47 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/03/01

生きる。

HIEROPHANT GREEN連続リリース

なんかさりげなくうれしい企画がスタートしてた。
2010.2.24より、一年間を通して連続的なリリースがスタートします。

すげー。

デビューアルバム『HUNTER』がそこそこ良くて次の展開が気になってたんだけど、
今回の連続リリース第1弾聴いてビビビときましたよ。

『3962』


なんかまた一皮向けた?的なハイブリッド遊び心サウンド。
カッコイー。惚れた。

次はこれらしい。
『tooooooo bad』

これまた良さげ。フルコーラス聴いてみたいわ。

でも今回の連続リリースは全部iTS始め配信のみっぽいので、
我慢できればまとまってパッケージ化されるの待ちかなー。

彼の代表曲、これは鉄板で良い。
『Fxxxxn Birthday』




◇クレイジーケンバンド、やっぱイイネ!

クレイジーケンバンド・ベスト 鶴&亀。

何気にCKBのアルバムも一通り拝聴してたり結構好きなバンドですが。
心地よいコード展開とキャッチーでちょっとレトロなサウンド。時にジャジー。
そして遊び心溢れる歌詞といろいろ魅力たっぷりな彼らの代表曲ぎっしり。

個人的に好きな曲たち

『男の滑走路』

「機内食は肉か魚か 迷う事なく肉を選んだ」

『クリスマスなんて、大嫌い!!なんちゃって』

J-PHONEのCMやった。ビデオに上野樹里出てたのね!若い。

『あぶく』

『約三十の嘘』を思い出すー!メロウでちょっとレトロな世界観がたまらん。
posted by ケンツ at 17:48 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/24

雨天決行

◇昨日入手


東京事変『スポーツ』

前作の『娯楽』はびっくりするほど聴かなかったなー。
『娯楽』で林檎は作詞と歌唱に専念して1曲も作曲してなかった。
だからなのかは分からないけど、後引く部分がないっつうか。物足りない印象。

その後林檎がソロで再始動、これが名曲多しで再び林檎に対する魅力が大幅増。
流れで事変再始動、シングルを経てこのアルバム。
さて、自分のモチベーションも持ち直したところでどう来るかと構えながら拝聴。


1曲目『生きる』が前半アカペラコーラス。

国歌斉唱かい。スポーツだけに。
曲の構成が面白くて最初からいきなり好印象。
歌詞が非常に難解。林檎ならでは。国歌にしちゃいなよこれ。

今回、浮雲が良い仕事しとるのよ!
やっぱり林檎が作ったものじゃないと!…ていう印象抱くんだろなーと思ってたから意外!
作詞もやっとるけど良いよ。

『シーズンサヨナラ』

浮雲が作詞作曲。イントロからかっこいー。
「季節知らないままさよなら」名言。

『絶体絶命』

こちらは一葉&林檎作曲。

総評としては良かったのでした。
今回浮雲&一葉さんの感性が自分にマッチしてきた感じ。
なんかでもやっぱりそこらのバンドとは違うセンス・貫禄は相変わらずだなあ。
世界に誇る日本代表事変。
posted by ケンツ at 15:34 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/17

Midnight Cruiser

なんか3月かなり忙しくなりそうな悪寒。
毎年年度末はそうなんだけども。この嵐の静けさが怖い。


Perfume ニューシングル4月発売

ライブハウストゥワー明けだって。このタイミングでの告知ということは
ライブハウストゥワーで初披露ですかね。
約1年ぶり。いやー久しぶり。そろそろ新境地見たい。
でもってオフィシャルサイトもリニューアル。
なんか無難だな。うん、普通に普通。


◇LILのアルバムの詳細



『LIPS IN LUSH』3月3日発売

1.LIPS IN LUSH
2.me, too
3.LESSON ONE
4.DANCE on The FLOOR
5."MOSHI MOSHI" RADIO
6.SUPERSONIC
7.BLOCK OUT
8.フラッシュバック・ラブ
9."MOSHI MOSHI"RADIO(TeddyLoid Remix)

9曲入りの2,000円。良心的。まー妥当な値段か。


artimageのアーティストなので、てっきり所属レーベルRhythmzoneあたりだと思ってたけど、
EMI Musicでした。そっちの公式ページでは早速デビューアルバムから4曲試聴可能。
まー試聴曲は大体iTSで配信済みやけども。
全体的にアッパーでぶっ通しそう。楽しみ。
『me,too』ってクリップあったのか。こーいうセンス好き好き。カッコいー。
ジャケも個人的に好きな感じ。
posted by ケンツ at 17:17 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/09

PAST<FUTURE

思い立って、ちょっとこのブログの記事を整理。
きれいさっぱり移転しても良かったんだけど、
なんだかんだいってもここやりやすいし、
アドレス変わってまうし、デザイン変わるの面倒だしってことでこのまま。
2年前の2008年2月より前の記事は全て封印。
あとカテゴリも一つにまとめた。
これからの記事は新しく区分ける予定。


◇新たに試聴曲追加。
capsule『PLAYER』から


『Hello』のアルバムバージョン。

CMのより音がどんどん足されていく感じ。
最初のドラムのところと、途中からのストリングスが若干安っぽい感じもするのだけども…。
まー全部聴いてみないとわからんしね。


◇最近の音楽

三浦大知『Who's The Man』

リリースしたの去年の9月やけども。
なんかたまたま最近「Inside Your Head」を聴いて、ええやん!ってなって
それでアルバムにたどり着いて。

アムロちゃんでおなじみNao'ymt、 MOMO “mocha” N、STYあたりが参加してて
そりゃーJAPANESE R&Bの精鋭揃い。
良い出来でびっくりでした。いやー見落としてたね。

『Inside Your Head』


『SHINE』


『Hypnotized』


このあたり好きだなあ。
『SHINE』はクリの『TIME GOES BY』と似てると思ったら
どっちもSTYがプロデュース。やっぱりなw
posted by ケンツ at 19:44 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/02/03

You bet!!

ドラクエ6やってます。
やっぱりモンスター仲間にならないのは改悪。
容量的な問題なんだって。
SFC>DSですか?ちょっと待てー!!許せん。
でもってタッチペン使ってカーリングゲームって。これはいらんだろー。
今作のすれ違いシステムも微妙。このあたり不満。
カジノあるのはいいね。歴代ドラクエなら普通なんだけど9は無かったからなあ。
なんか久しぶりのカジノで燃えました。
あと転職しても特技が引き継げるところも良し。
でもなんやかんや言ってもハマるのよね。


◇ジャケに続いてニューアルバムの収録曲も判明。

capsule『PLAYER』

01 Stay with You
02 Player
03 I wish You
04 The Music
05 Factory
06 I was Wrong
07 Can I Have A Word
08 What do you want to do
09 Hello
10 Love or Lies


でもって『Stay with You』の試聴も開始。


かなりキャッチーじゃね?これこそPerfumeでいけるやん。
一瞬セラミックガールのサビかと思ったよ。
1曲目がこれで、ラストが『Love or Lies』というトラックリスト。
全体的にポップス寄りなアルバムということでOK?

でも中盤あたりコアなのもってきてそう。『Factory』あたり。
Helloはアルバムでどう味付けされてるのか楽しみ。
posted by ケンツ at 20:21 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/11

IF YOU DO,I DO

とある番組の新年会に参加。
景品で、ipod nano 8GBと3万円分のギフト券ゲット。
ごっそさんです。年明けから幸先良し。


◇来ました。

capsule NEW ALBUM 3月3日発売

CLUBシーンからJ-POPシーンを超えて大きなヒットを記録した前作『MORE! MORE! MORE!』から約1年4ヶ月ぶりのオリジナルNEW ALBUM! 常に時代の1歩先を行く中田ヤスタカの新しい世界が満載の1枚。全10曲収録予定。 初回限定盤は「Hello X iida携帯イメージPV」を収録したDVD付き。

だってー。
iidaのCM曲『Hello』(っていうタイトルなのね)収録するんだろうね。

(これはCM音源)
今までのcapsuleに無い、引き算をしていって“デザインされた”曲って感じがするけども
全体的にこのテイストで作ってると、まさに今までとは全然違うアルバムになるね。
楽しみ。

合わせて、

中田ヤスタカ(capsule) LIAR GAME season2サウンドトラック 3月3日発売

同日発売で攻めますか。そうですか。
同時購入特典的なキャンペーンしそうだな。
ドラマ見てて、この曲カッコイイってのがあるんで、多分買うんだろうけども。


◇最近の音楽
FPM『FPM』

年末にしれっと出てたので気付かなかったww
15周年でFantastic Plastic MachineからFPMへ改名。
改名っつうかなんつうか。まあ長かったしねえ。もー大体皆FPMで分かるしね。
さてさて今作、かなりいいですよ!個人的には星4つ。

今まで以上に音で遊んでる感じがして、でまたバラエティーに富んでる。
CMで流れてる曲もいくつか収録されてて、「あ、これもFPMだったの!?」てのがあったり。
でそのCM曲もFPMだと知らない時から「あ、なんかこの曲いいなー」って思ってたのだったり。
こーいうきっかけがあると更に好きになっちゃうからズルいw

UNIQLO『UNIQLO CALENDAR』


ロッテ『xy』


資生堂『GRANAS』


UNIQLO『UT ZOOM』


これらの曲全部収録されとります。
『I THINK』とか好きだねえ。加藤茶のやつね。
『SEX』もカッコイイ。これはFPMのサイトのBGMでした。
おすすめです。


◇こんなの見つけたー!

MIXPOD

imeemみたいにプレイリスト作ってブログに貼っつけられるやん。
音源はyoutubeとかから取ってくるシステムらしい。
というわけでコレ使います。
あと1曲だけブログに載せたいときは、上のcapsuleの『Hello』みたいに
youtubeにその曲があれば埋め込みコードのheightを25にするだけでビデオ部分が削られて
ミニプレイヤー風になることを知った。おし。
posted by ケンツ at 11:09 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/01/08

DAYS

あけましておめでとうございます。
今年も週一くらいの更新ペースでまったりやっていく予定。

年末のいろいろなワクワク感が嘘のような年明け感。
仕事始まると尚更ね。
じきに慣れるだろうけどしばらくは虚脱状態気味。


年明けだけど去年の総ざらい忘れてたしやっとこ。

◇去年よく聴いてたアルバムTOP10@last.fm

1位 Perfume – (2009/7/8)
2位 Meg – BEAUTIFUL (2009/5/27)
3位 椎名林檎 – 三文ゴシップ (2009/6/24)
4位 椎名林檎 – Ringo EXPO 08 (2009/3/11)
5位 藤澤志保 – FUNKY☆GIRL (2009/1/28)
6位 安室奈美恵 – PAST<FUTURE (2009/12/16)
7位 Perfume – GAME (2008/4/16)
8位 Capsule – MORE! MORE! MORE! (2008/11/19)
9位 she – Orion (2009/9/16)
10位 Makai – STARS (2008/9/24)

トライアングル一番と。前作ほどの衝撃はないとか書いときながら一番かい。結局良作。
次いでMEG。「BEAUTIFUL」は大好きだからね。やはり中田作品でトップ占めました。
でもって林檎の久しぶりのソロ作品が。
EXPOはDVDだけどかなり秀逸なライブで音だけリッピングして通勤中も聴いてたためランクイン。
去年半ばあたりでやけに気に入ってた藤澤志保も5位に。もう冷めたけどね。
でもって、年末発売にもかかわらず怒涛の勢いで6位にちゃっかり入ったのはアムロ様。
そりゃ聴きまくるでしょ。
あとは去年発売の作品を引き続きへヴィロテで聴いてる作品がランクイン。
その中で目立つのが、sheの『Orion』。
今年一番の収穫アーティストかもしれないなあ。かなりハマりました。
これからの活動も大いに期待。



◇今年印象に残ったトラック10選。
ぱっと頭に浮かんだもので挙げてみた。

・Passion Pit – The Reeling (Yasutaka Nakata [capsule] Remix)

原曲からBPMグンと上げて疾走感たっぷりに。ドラムロールのわちゃわちゃが何とも。
全体的にごっちゃりしつつもワクワクさせる展開で非常にノれる、かなり良いREMIXでした。


・she – Atomic

前述の通り、大収穫アーティスト。彼の中ではこの曲がやっぱ1番かな。
ビッキビキがたまらん。各所の小細工が上手いのなんの。
日本人っぽい音だけど日本人じゃないってのもなんかいい(なんだそれ)。


・Janet Jackson – Make Me

最初聴いたときは、「…まあまあかなー」だったのに何故か聴けば聴くほど好きになってしまった。
ビデオでとどめ刺されたなー。カッコよすぎた。
マイケルの曲をサンプリングしてるとかしてないとかだけど全く分からん。どこがそうなの?


・kap10kurt – Mission Complete (Moulinex Remix)

original verよりもMoulinex Remixの方が好き。
kap10kurtはどこかしらキャッチーなところが好きなのだけど、いかんせん発表してる作品が少ない。
もっといろいろ聴きたいのにー。期待しています。


・Frankmusik - Better Off As 2

POP寄りなエレクトロ。偶然見つけて聴いてみたら、ばっちりハマったので印象的。
『Complete Me』は全体的に良かったなあ。めっちゃって程ではなかったけども。


・鷺巣詩郎 – The Final Decision We All Must Take

思い返せば6月あたりは、猫も杓子も「ヱヴァ破」だったなあ。乗っかりキャンペーン多かったしなー。
今作は音楽もカレカノのを使ってたりとか非常に印象的でした。
その中でもやはり予告篇からインパクトあったこれを。


・Herve – Cheap Thrills

フィジェットハウスにハマってきた時期にマイケルの訃報が重なり、
丁度この曲がその2点を共通付ける曲だったのでめっちゃ聴いてたなあ。
普通にカッコいい。ちなみに携帯の着信はこの曲にしてます。

・Lost Valentinos – Thief (Shinichi Osawa Remix)

これ聴いたら原曲なんて聴けない。
元は普通のロックだけど見事にフィジェットなハウスへ昇華させてしまいました。流石大沢マジック。

・椎名林檎 – 労働者

何故かようつべに音源ないのでニコ動。
歌詞が秀逸だったので。転職・退職応援ソング。
なんでこう言葉の使い方が上手いのだろうね。素敵。

・Saori@destiny – WOW WAR TECHNO

レイブサウンドをネタに使ったかなり個性的な曲だったので。
でもちゃんと今の時代に合わせた形で昇華できてるあたり秀逸かなと。
このミニアルバムが意外と良くて。バラードも名曲でした。



といった感じ。他にもいろいろあったけどね。
imeem終了のせいでyoutube貼り付けるしかないじゃんよー。くそう。


というかアムロちゃん!ロンブー淳かい。
なんか純粋に良かったねとか思えない相手だなー。なんかやだなー。芸人かい。
まーでも普通にやってくれれば。もう大人だし。
でもって普通に破局して「あーそんな人と付き合ってたとかあったなー」って言う日が来ればそれでいいよw
posted by ケンツ at 12:31 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのおんがく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。